non-top-img.gif

優姫(ウヒ)詳細プロフィール

min.jpg優姫(ウヒ)

日本人の父と在日コリアン2世の母を持つ。3歳よりバレエを、10歳より韓国舞踊を始める。日本の大学を卒業後、韓国政府招請奨学生、ロータリー財団国際親善奨学生としてソウル大学大学院教育学科に留学する傍ら、韓国宮廷舞踊団に所属し舞踊の世界でも活動する。舞台経歴には国立国楽院開院50周年記念公演「王朝の夢 太平序曲」、2002FIFAワールドカップ韓国政府広報ヨーロッパ循環公演、KBS国楽管弦楽団定期演奏会などがある。また日本で韓国の伝統芸能を知ってもらいたいという趣旨から6年前にSATUREDAY CHANGO FEVERというチャンゴのお祭を立ち上げ毎年行っている。


(主な舞台経歴)

1994年:「韓国4大都市 韓民族 芸術祭」 韓国伝統芸能「サムルノリ」で出演
1995年:ビデオ教材 「コリアン文化に触れる」プチェチュム編、サムルノリ編、出演・協力:(社)KMJ研究センター(元、国際協力理解教育センター制作)
1997年:「金 英淑と呈才研究会」公演 :韓国・国立国楽院にて出演
1998年:「心素 金千興と呈才研究会」公演:韓国・国立国楽院にて出演
1999年:「宗廟祭礼楽(世界文化遺産指定)」:韓国・国立国楽院にて出演
2000年:韓国11月文化人キム・チャンハの月記念呈才公演出演:韓国・国立国楽院
2001年:国立国楽院 50周年記念公演「王朝の夢 太平序曲」 ゲスト出演
2001年:9〜10月 2002FIFAワールドカップ韓国政府広報ヨーロッパ循環公演 ワールドカップ広報チームの一員としてヨーロッパツアー公演を行った(イタリア、スペイン、ドイツ、フランス)
2002年:上々台颱プロデュース「アジアンミュージックタイフーン」大阪国際交流センター ゲスト出演
2003年―2004年 ミン・ヨンチとともにPROJECT SANTAコンサートツアーを展開。大阪、京都、滋賀、北九州、愛媛、香川、兵庫、名古屋、富山、石川、静岡、東京、栃木、神奈川、秋田 全60回公演を行う。他、恵泉女学園、園田女子大学、大谷大学など
2005年  韓国KBS国楽管弦楽団定期公演
2005年―2006年 劇団・新宿梁山泊 「楽屋」ゲスト出演
2006年:日本全国の韓国伝統打楽器奏者を集め、100人の打楽器大演奏会「サタデー・チャンゴ・フィーバー!」を企画・制作している。
2007年:劇団・新宿梁山泊 「YEBI大王」オープニング・エンディングの舞+次女役として出演
2009年:日韓演劇フェスティバル前夜祭 
2009年・2010年:PROJECT SANTA 「新郷楽」大阪能楽会館 
2010年:『日韓交流おまつり2010』 六本木ヒルズアリーナ 
2011年:韓国伝統音楽の宴 世田谷「茶房李白」 


【雑誌】
2010年:文化出版局 ミセス 連載「清野恵里子のきもの随想」 8、9月号 
2011年:集英社 エクラ 特別拡大版「樋口可南子のいいものを、すこし」2月号

【講師履歴】
1992年―2001年:グループ黎明指導員
1992年―1997年:大阪八尾市 トッカビ子ども会指導員向けレッスン担当
1993年―1995年:大阪高槻市 児童クラス 講師
1993年―1995年:大阪市生野中学校、大阪市天下茶屋中学校にて韓国の歴史や文化の講師を歴任
1994年―1997年:兵庫県武庫川市「韓国舞踊グループ・ナビ」講師
2002年より:東京池袋にて、韓国舞踊教室、チャンゴ教室などの講師を行っている。